ビッグジョン(BigJohn)記事1999年2月ホットドッグ プレス

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

ビッグジョン(BigJohn)記事1999年2月ホットドッグ プレス

 

1999年2月ホットドッグ プレス(hot・dog press)のビッグジョン(BigJohn)のページ。

 

1999年2月ホットドッグ プレス ビッグジョン(BigJohn)記事ページ

 

1999年2月ホットドッグ プレス ビッグジョン(BigJohn)SP103

 

ビッグジョン(BigJohn)SP103

 

スピリットシリーズのレギュラーストレートの103
しかし、シルエットは太めだったと思います。

 

この当時のビッグジョン(BigJohn)のカタログで
SP103には「無骨」という言葉をつかっていました。

 

1999年2月ホットドッグ プレス ビッグジョン(BigJohn)SP104

 

ビッグジョン(BigJohn)SP104

 

ビッグジョン(BigJohn)の中では
こちらは細身のストレートになっていましたが
この当時、レギュラーリーバイス501(Levi’s501)と
同じかちょい太いような気がしました。

 

雑誌にも美シルエットとありますね。

 

1999年2月ホットドッグ プレス ビッグジョン(BigJohn)R002

 

ビッグジョン(BigJohn)レアジーンズR002

レアジーンズはR001がボタンフライ・R002がジッパーフライでした。

 

ビッグジョン(BigJohn)レアジーンズを初めて見たのは、
まだ量販店があまりまだなくレプリカジーンズもまだ
ステュディオ・ダ・ルチザンとか創世記で少ない時代でした。

 

寅壱などの作業服が店の半分、
ジーンズやその他アメカジ衣料品が半分のお店で
リーバイス501(Levi’s501)の生デニムを買いに行ったときにあって
今よりも知識が無かったのでこの「高いGパンはなんだ?」と思ったのを覚えています。

 

1999年2月ホットドッグ プレス ビッグジョン(BigJohn)MH402B

 

ビッグジョン(BigJohn)MH402B

 

ビッグジョン(BigJohn)を代表するモデル

4パッチポケット、むき出しになったフロントボタン ベルボトム、1970年代ヒッピー時代(想像です)に 流行ったんでしょうね。

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*