Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)のレプリカです。

1998、9年頃に買ったと思います。

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドの1998年雑誌記事

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)のレプリカの1998年雑誌記事

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイド

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)のレプリカ

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドのパッチ

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)のレプリカのヘアーオンハイド

 

このモデルはヘアーオンハイドが特徴的ですが

買った当時はホルスタイン柄(白い毛が混じっている柄)が嫌で

茶色の毛、一色のヘアーオンハイドパッチを選びましたが

今となってはホルスタイン柄にすれば良かったなーと思っています。

 

すこしハゲているのは乾燥機に入れすぎて

ヘアーオンハイドパッチが縮んでしまいベルトが通らず

その上にベルトを通して履いていたらハゲてしまいました!

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドのシンチバック

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)のレプリカのシンチバック

 

シンチバックの針をよく見てもらうと

オリジナルっぽくデニム地を突き通っています。

 

オリジナルは針が付いていますが、「日本工業規格(JIS)」的にダメなんでしょうね!

始めに付いていたものは似たようなもので針が付いていませんでした。

レプリカを着たり履いたりしている人ならわかると思います。

 

それを買ってきたときにニッパで切ってしまい自転車のスポークを使い

自分のオリジナル針を作りました。

出来には満足しています。

 

一度、デニムに針を突き刺したままですが不都合はありません。

ただ、椅子などをキズつける可能性があるのでお勧めはしません。

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドのフロント周り

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)のレプリカのフロント周り

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドのドーナツボタン・股リベット・センター赤タグ

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)のレプリカのドーナツボタン・股リベット・センター赤タグ

 

トップボタンはドーナツボタン、センター赤タグ

トップボタンはLee COWBOYの文字が入っています。

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドのボタンフライ・股リベット

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)のレプリカのボタンフライ・股リベット

 

ボタンフライは月桂樹、股リベットには大文字のLEEが刻印されています。

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドのレイジーS(バックポケットのステッチ)

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)のバックポケットのステッチ(レイジーS)

 

バックポケットのステッチはLEE(リー)のレイジーSと

LEVI’S(リーバイス)のアーキュエットステッチの

中間ぐらいの形になっています。

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイド、バックポケット裏の補強布

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)、バックポケット裏の補強布

 

バックポケット裏には補強の布が付けられています。

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドの耳(セルビッチ)

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)の耳(セルビッチ)

 

耳(セルビッチ)は平織りで片側だけ青のステッチが入っています。

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイド、バックヨークの3本ステッチ

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)、バックヨークの3本ステッチ

 

このLeeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)は

ジーンズとワークパンツの間位なんでしょうね。

 


スポンサーリンク

 

 

生地は11.5oz(確か!)で太めのシルエット、特に裾幅は広めです。

バックポケットの上のバックヨークの取り付けステッチが

ワークパンツでよく見られる3本ステッチになっています。

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドの全体写真(前)

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)の全体写真(前)

 
Lee101B('37年モデル)ヘアーオンハイドの全体写真(後)

Leeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)の全体写真(後)

 

11.5ozと薄いせいか若干ですが濃淡がボヤけているように感じます。

このあたりもワークパンツっぽいです。

 

そしてLEE(リー)ジーンズは通常左綾デニムですが

このLeeカウボーイパンツ101B(’37年モデル)は

右綾デニムです。

耳(セルビッチ)の当たりが右に寄れているのがわかります。

 
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*