ジーンズサイズ選びって変わる!

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

ジーンズのサイズ選びって

いろいろなことで変わるような気がします。

例えばスニーカー・短靴かブーツを合わせるかによっても

違ってしまうのではないでしょうか?

 

ジーンズといえば最初はかなりの高確率で

リーバイス501から入っている方がほとんどですね。

 

自分もそうでリーバイス501から始まりました。

(ちなみにここでいうリーバイス501は80’s・90’s頃のものです。

それ以前・以降のもの、レプリカは含みません。)

 

たしか、29インチか30インチでジャストサイズを選び

「シュリンク・トゥ・フィット(Shrink-to-Fit)」

の言葉に憧れ生デニムで購入。

ワイドシルエットのエビスジーンズが流行ったころは

「それ501?スリムに見える」とか言われていました。

 

アメリカの映画とか見ていると

ベルトがいらないほど

ジャストで履いているシーンを見かけます。

ベルトはしてましたがそこにも憧れました。

 

今思うとリゾルトの林芳亨さん

(元『ドゥニーム』のデザイナー)

のサイズの選び方ですね。

リゾルトの林芳亨さんの公式ブログ

「たかがジーパンや! – アメーバブログ」の中の記事の一つ

「リゾルトはきつめのサイズを選びなはれ! 」

http://ameblo.jp/resolute-2010/entry-11386800517.html

 

よく見ると林さんはベルトをしていないことが多いです。

それにレザーシューズ(短靴)がカッコいい。

 

スティーブマックイーンもベルトをしないで

ジーンズを履いている写真が結構あります。

 

でも、いつからかブーツを履くには裾幅が無いと

カッコよくない!?と自分は変化しました。

単にジーンズにはブーツを

メインに合わせるようになっただけですが。

 

リーバイス501のW29インチ・W30インチだと

裾幅19cm前後ものが多いと思います。

バランスがそれだとブーツに

負けてしまう気がしてきてしまったんです。

  ヴィンテージ古着 M65フィールドジャケット×リーバイス501×ブーツのコーディネート  

上の写真はリーバイス501のW31インチで90年代後半のものです。

 

 

おっさんになった今でもリーバイス501なら

W31インチは履けるのですが

ブーツを合わせるとブーツに負ける。

 

気がする!?

 

いつからかブーツにはラングラー・リー

90年代のビッグジョンなどがブーツには

カッコいいと思うようになりました。

 

でも、「ベルトがいらないほどジャストで履く」は

引き継いでいてウエスト腰回りはきつめの方が好きなんです。

ベルトなくても良いのですがベルトします。

 

それでいて太ももの幅・裾幅がある程度余裕がある。

  ヴィンテージ古着  

ラングラー(Wrangler)7750 W30インチです。

ヴイエフジャパン時代のものです。

このジーンズはシルエットが好きで

2本か3本か忘れましたが所持しています。

 

こちらの方がブーツとのバランスは

個人的にはしっくりきます。

でも「太ももの幅・裾幅がある程度余裕がある」は

これが短靴やスニーカーになると話が違ってきます。

 

特に裾幅が広いと野暮ったくなるように感じるんです。

 

だから、リゾルトの林芳亨さんは

レザーの短靴が多いんだと思います。
(勝手な想像ですみません。)

 

スポンサーリンク

   

  

実際はリーバイス501でいえば

W31インチ-W36インチまで履きます。

ウエストをジャストで履くときもあれば

所ジョージさんのように絞って履くこともあります。

 

どちらも好きなんです。

 

結局、合わせる服によって

サイズ選びも変わってしまうわけですね。

 

あ!ジーンズ好きの方たちは

履きたいジーンズが合って

合わせる服・靴を選ぶですね。

 

長い年月を過ぎて

ジーンズに対する接し方も変わりましたが

根底にあるのはジャストで履くです。

 
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*