Alden(オールデン)レースアップブーツ(4562)

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

Alden(オールデン)レースアップブーツ(4562)

サイズ9Dです。

説明する必要はないと思いますがコードバンです。

 
Alden (オールデン) 4562H LACE UP BOOTS (レースアップブーツ)
 
Alden (オールデン) 4562H LACE UP BOOTS (レースアップブーツ)横からの写真
 

Alden (オールデン) 4562H LACE UP BOOTS (レースアップブーツ)ハーフソールを張った後

このオールデンも靴リペアさんでハーフソール(レザーで地面に付く部分をゴムで補強)しています。


 

フリー&イージー(今は休刊になってしまいましたが…)などで紹介されていた

最初にボールペンなどを使ったシワの付けかたをしなかったので

ナチュラルなシワの付きかたです。

 

スポンサーリンク





 

 

購入したのは表参道ヒルズができた年(2006年)の9月に購入しましたが

10年たった2016年何となくブーツを眺めていたら「ん?」履き口に違和感が!?

履き口の内側(ライニング)が破れている~

 
Alden (オールデン) 4562H LACE UP BOOTS (レースアップブーツ)のライニングが劣化して避けている。
 

Alden (オールデン) 4562H LACE UP BOOTS (レースアップブーツ)のライニングが劣化して避けている部分、アップ。

なかなか見れないオールデンの内側!


 

プレーントゥといってもブーツは仕事では

履かずジーンズに合わせて履いていました。

 

頻度は月1回~2回

 

だから、踵(かかと)もそうですがソールに減りはあまり見られません。

あまり、履かな過ぎたのか違うところが劣化してしまうとは思いませんでした。

 


スポンサーリンク

北関東に住んでいるため、

ラコタハウスさんに最初はメールで問い合わせましたが

画像では判断がつかない、

実際に見てみないとわからないとの返答なので

郵送して見てもらいました。

 

すぐに連絡をいただきましたが

「こんな状況は見たことがない!」と…

職人さんに見てもらって

後日、連絡をするということでした。

 

数日後、電話がきて6,500円(税抜)とのこと。

 

これは、数万円は覚悟しなくちゃいけないかなーと思っていましたが

ちょっとホッとしました。

半月ぐらい後に戻ってきたオールデンレースアップブーツ(4562)は

キレイに修理がされていました。

 

Alden (オールデン) 4562H LACE UP BOOTS (レースアップブーツ)のライニングが劣化して避けているところがの補修箇所

赤い枠の中が補修箇所


 
Alden (オールデン) 4562H LACE UP BOOTS (レースアップブーツ)のライニングが劣化して避けの補修後

きれいに補修されています。


 

やはり、靴は履かなすぎてもよくないと思い仕事でも履いています。

本当は仕事は茶靴、それもブーツではなく

短靴が好みなので

今まではほとんど仕事では履きませんでした。

だから、月1回~2回の頻度になってしまったわけです。

 

その他にも黒ブーツを所持しているのでそちらも、

なるべく履く機会を増やしています。

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*